便利な情報保護システム

介護

介護保険サービスには、通所や入所などの介護にも種類があります。サービスを提供する際には、個人情報が必要となり外部に漏れないように注意が必要となります。その際には専用の介護ソフトを使うと効率化でき便利です。

» 詳しくはこちら

幅広く利用出来る場所

介護

介護ソフトを使用すれば、支援を効率化することが出来ます。また事業や管理の運営がスムーズにでき、仕事の効率化にも役立てることが出来るのです。使用する際は、事業の規模や人の人数に合わせる必要があります。

» 詳しくはこちら

活用したいソフト

介護

使用料等が適度な設定になっているソフトを使うことで作業の効率化を叶えることが出来ます。例えば国保中央介護伝送ソフトを使えば、申請書類などを作成・管理することが容易となり、今までよりも時間短縮することが出来ます。

» 詳しくはこちら

請求作業

介護伝送ソフトについて

介護

サービスを提供したら報酬を受け取る必要があります。介護サービスにおけるお金の請求先は、サービスの利用者と国保連になります。サービスの利用者はともかくとして国保連に請求するのは、彼らの提供する保険サービスによって介護事業は成り立っているからです。 介護サービスは保険制度のおかげで、安価で利用する事ができます。介護事業者の立場で考えるなら、国保連からサービス料を確実に回収しないといけません。 その時に便利なのが介護伝送ソフトです。介護伝送ソフトは利用者に提供したサービスを管理して、国保連に提出する請求データを作成する事を目的としています。介護伝送ソフトは請求を目的に作られたソフトなので、業務効率の向上は間違いありません。

介護支援ソフトについて

請求情報を管理する介護伝送ソフトは便利ですが、請求作業にしか役に立たないという欠点があります。訪問介護サービスは請求が仕事ではありません。利用料金の要求はサービスが提供されなければ行われないのです。 だから訪問サービスに関する管理を、別の方法で効率化しようとする動きが生まれました。最近では請求に介護伝送ソフトを使うように、ソフトウェアを利用する事が流行しています。 実作業のサポートをする目的で作られたソフトウェアは、介護支援ソフトと呼ばれています。例えば作業員のスケジュールや利用者の個人情報をまとめる事で、訪問介護のサービスを支援しているのです。訪問時間や提供するサービスの誤りは、ソフトウェアで常に確認する事で減らす事ができます。